カプサイシンの持つその効果

「カプサイシン」は、唐辛子に含まれている辛味成分ですが、この成分が体内に吸収されることでアドレナリンの分泌を活発にし、そして発汗を促します。そうした効果で美肌やダイエットなども期待することができるということです。

その仕組みは、まずカプサイシンが体内に吸収されるとそれが脳へと運ばれ、内臓感覚神経に対して働きかけ、それが副腎から分泌される「アドレナリン」を活発にさせることで発汗を促進させるということです。

このカプサイシンというのは「アルカロイド」という唐辛子に含まれている辛味成分の1つのようですが、痛覚神経を刺激することで、局所刺激の作用があったり、辛味を感じたりするということです。

カプサイシンは、例えば料理にかける時間が長かったりしても、冷凍にしたりしてもその辛味を保有します。
さらに、寒くても熱くても、形が変化することが無いということです。
ですからカプサイシンは、非常に強力で安定感のあるアルカロイドだといえるものです。

カプサイシン自体は無色の脂溶性の結晶とのことで、アルコールには溶かすことができるようですが、冷水ではあまり溶かすことができないようです。

唐辛子の辛味を作り出す成分であるカプサイシン、もともと唐辛子には体を温める作用や殺菌作用、また胃を健康に保つ作用などについても古くから注目されていましたが唐辛子を食することで体が熱く感じてくるのは、この辛味成分カプサイシンによる作用だったのです。

そしてカプサイシンを摂取することで、すぐに体が熱くなったり、汗が出たりと、脂肪の燃焼がおこります。
その脂肪の燃焼効果により、カプサイシン摂取でのダイエット効果というのが期待されるわけです。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ