毎日の食事で「カプサイシンダイエット」

カプサイシンのダイエットの効果を利用した「カプサイシンダイエット」
その方法は簡単で、毎食または毎日の食事の中でカプサイシンを多く含む食材や食品を食べることでダイエットをしちゃおう、ということになります。

この食事での摂取でのダイエットに最もオススメな食材といえば「キムチ」です。
そして食材のキムチにはたくさんの唐辛子が入っているうえに、にんにくや白菜なども入っていて、例えばニンニクには、糖質をエネルギーへと変えやすくする働きがある「アリシン」という成分が含まれていますし、白菜には食物繊維が豊富に含まれています。

またキムチは、ご飯にもよく合いますし麺類などのさまざまな食材ともよく合います。
特に「イソフラボン」という成分が含まれる大豆食品との組み合わせなどでより大きな効果を期待できるということですが、大豆食品である納豆などとも、とても相性が良い組み合わせです。

また、カプサイシンは「七味唐辛子」にも含まれてますから、そばやうどん、または牛丼などを食べる際にもこの「七味唐辛子」をかけることで摂取することができます。

そして、かなり辛いものもありますが最近人気の「青トウガラシ」です。

唐辛子の一種でピーマンやしし唐もありますが、これらはあまり多くのカプサイシンを含んでいないため、残念ながらダイエットの効果はそれほど期待できません。
ピーマンやしし唐での料理には「青トウガラシ」をその代わりとして焼いて食べると良いと思います。かなり辛いのもありますがなかなかおいしく食べられます。

唐辛子の辛さが苦手という方には、カプサイシンを錠剤にし摂取しやすくした「サプリメント」も最近では売られていますから、食材でどうもという方にもオススメです。

良いことばかりのようなカプサイシンでのダイエットにも問題点はあるようです。
その一つに、カプサイシンには食欲を増進させてしまう作用もあるため、余計に食べてしまうことです。

ダイエットを目的にした場合に、普段より多く食べてはダイエットの効果はなくなってしまいます。
食事の量を極端に減らすことはありませんが、やはりほどほどに、ということです。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ