カプサイシンを摂取するときの注意点

カプサイシンをとりいれるためにその成分が含まれる唐辛子での料理を積極的に食べれば良いということですが、その脂肪を燃焼させるという効果を期待しているからといって唐辛子を食べ過ぎてはいけません。

ある検査によると、激辛料理を食べることで舌の味覚反応が大きく低下してしまうことがあるとのことですし、極端に辛い食べ物を食べ続けていると、味を感じる「味蕾(みらい)」という器官が麻痺したり味覚障害になってしまう恐れもあるということです。

味覚が鈍ったり低下してしまうと、微妙な味付けが分からなくなり濃い味つけなどにしないと物足りなく感じるようになってしまうようです。

また、唐辛子をあまりに多く摂り続けてしまうと、カプサイシンへの分解能力が高まり脂肪の燃焼効果が低下したり、また刺激によって胃壁が荒れてしまったりする可能性があり、とくに胃腸の弱い方は要注意です。

刺激に弱くとくに胃腸の弱い方や辛いものが苦手な方は、粉末状の唐辛子を使ったり、鷹の爪を刻んだものを香辛料や薬味として量を調整して使用すると良いかと思います。

また唐辛子が入ったラー油や豆板醤、タバスコなどの調味料を料理にうまく取り入れ、おいしくカプサイシンを摂取すると良いでしょう。

ちなみに1回に使用する唐辛子の適度な量として、粉末唐辛子の場合では1/4杯程度、豆板醤やコチュジャンなどの唐辛子調味料では小さじ1杯程度、鷹の爪では1本ぐらいが適量とも言われています。

カプサイシンを上手な利用で、塩分の摂取量を減らすこともできるそうです。
これは、塩分控えめの料理でもカプサイシンを取り入れることで濃い味に感じられるということのようです。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ