健康に効果的な成分が多く含まれた食品「キムチ」

唐辛子を使った料理で食べやすい食品といえば、日本ではやはりキムチは上位にいくものではないでしょうか。
そしてキムチといえば韓国ですが、韓国では昔から「医食同源」という考えが根付いていて、そのため料理に使用する材料やその調理方法にも、健康や体に良いとされるものを多く取り入れてきました。

そして現在のキムチには唐辛子が使用され、辛味成分のカプサイシンがダイエットや美容などにも効果的だと言われています。
さらにキムチには、ほかにも乳酸菌やビタミン類なども豊富に含んでるということで、健康に効果的な成分が多く含まれた食品だといえそうです。

最近日本でもキムチは一般的な食品になってきていますが、じつはキムチも乳酸食品だということはあまり知られていないようです。
昔は冬の時期の保存食として作られていたキムチが、その保存する過程において乳酸発酵させることが可能になったと言うことだそうです。

乳酸食品が体に与える良い作用は広く知られていて、乳酸食品を毎日少しずつ続けて食べることで、体の中で善玉菌を増やし腸内環境の改善になります。
人によってはチーズやヨーグルトなどを毎日食べ続けることが難しいという方などもキムチで摂取してみてはどうでしょうか。
キムチの料理も色々あり、またさまざまな料理にも合いますから、食べ方を変え、少しずつ毎日食べるのも容易にできることかと思います。

ちなみに「キムチ」というと、現在では唐辛子をたっぷり使った赤いものをイメージすることかと思いますが、昔のキムチは唐辛子を使っていなかったということで色も今のような赤色ではないキムチなんだそうです。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ