カプサイシンを含むキムチと納豆で最強のコンビ「キムチ納豆」

大豆でできた納豆とカプサイシンを含むキムチはそれぞれ、日本でも韓国でも代表的な健康食品でありますが、「キムチ納豆」は文字通りその両方を組み合わせたものです。
そしてこのキムチと納豆によるダイエットは、最強のダイエット食品としての注目を浴びています。

納豆もキムチも、その成分に生きた乳酸菌が含まれている数少ない食品のうちのひとつです。
そのためこの二つの食品は、ただ単に栄養分が豊富に含まれているということだけではなく、不調な体を改善させる作用もあるとも考えられています。

まず納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」という酵素がありますが、この酵素の働きは血液をサラサラにするということです。
そして納豆にはビタミンB2も豊富に含まれており、このビタミンB2が糖質や脂質の代謝に深く関係し、脂肪を燃焼させるということです。

また疲労回復や美肌づくりにも効果的で、肝機能も向上させるようです。
納豆は低糖や低脂肪、そして食物繊維や良質なタンパク質も豊富に含まれ、ダイエットにも強い味方と言えそうです。

そして唐辛子をたくさん使用したキムチには、カプサイシンが豊富に含まれていて、そのカプサイシンが、脂肪の燃焼を助ける効果があり、さらにキムチに入るニンニクがビタミンB1を吸収して糖をエネルギーへと変換させるということですから、キムチと納豆とのコンビでダイエット食品としての注目を浴びるというわけです。

普通に混ぜて食べてもおいしい「キムチ納豆」ですが、同量の納豆とキムチをよく混ぜ合わせ、一晩常温で寝かすことでより効果的な食べ方になるようです。
これは一晩寝かすことで、より乳酸菌も増え、抗酸化作用や免疫力が高まることでガンの予防にもつながということですから、ぜひ試してみてください。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ