キムチの「炊き込みご飯」の作り方

カプサイシンを含むキムチは、もちろんそのままでもおいしいおかずです。そしてご飯との相性もバッチリです。
韓国料理店や焼肉店でも出てくる、様々な野菜との自家製のキムチやビビンパ、肉や野菜に巻いて食べるキムチなど、色々とその食べ方でオリジナルなメニューがあります。

「キムチ」をさまざまな料理にプラスし毎日続けて食べられるように工夫できますが、ご飯との相性の良さを活かしてチャーハンや炊き込みご飯などの材料にしてもとてもおいしく食べることができます。
キムチの「炊き込みご飯」は、家庭でも意外と手軽に作ることができますから一度作ってはどうでしょうか。

簡単な作り方を紹介します
材料はお好きなものでかまいませんが
キムチのほかにアサリやショウガなどを入れてもおいしく出来上がります。

材料(量は適宜)
・白菜キムチ300g
・アサリ 60gくらい
・しょうが 少々
・干し椎茸 3~4枚程度

1.まずお米2合をとぎ、いったんザルにあげておきます。
 用意したアサリを塩水に浸け、砂出ししておきます。

2.白菜キムチの汁を絞り、食べやすい大きさに切ります。
 (※汁はあとで使いますから捨てないでください)
 しょうがを千切りにします。

3.ぬるま湯に干し椎茸を浸けてもどします。
 柔らかくなったらスライスします。
 ※干し椎茸の戻し汁も後で使いますから残して置いてください。

4.炊飯器に上記の材料を入れ、取っておいたキムチの絞り汁と干し椎茸の戻し汁に、水2合分と1カップを加えます。

5.ごま油小さじ1を加え、炊飯器で炊き上げます。
 食べるときにネギやおおば、白ゴマなどの薬味を少し加えできあがりです。

白菜キムチの炊き込みご飯は、ご飯に旨みがしっかりと染み込み、冷めてもおいしく食べられます。
また、お好みで魚介類や肉などを加えても、いっそう味と風味が深まりおいしくいただけることかと思います。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ